月別アーカイブ: 2017年1月

SEKISUI 『スマートパワーステーション“100% Edition”』を発売

-エネルギー自給自足率100%が可能で「電力不安」を限りなくゼロに近づけた住まい-

[出典:2016年12月12日  積水化学工業株式会社 セキスイハイム プレスレリース
http://www.sekisuiheim.com/info/press/20161212.html ]

積水化学工業株式会社 住宅カンパニーは『スマートパワーステーション“100% Edition”』を2017年1月2日(月)より全国(北海道、沖縄、本州の多雪地域を除く)で販売を開始と発表。

2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が発効し、日本は温暖化ガスを2030年に2013年比で26%減らす目標を掲げており、今後国を挙げて一層の削減が必要になる状況を受けてのこと。暮らしの省エネ化は当たり前になってきており、自動車においては電気自動車(EV)の普及が本格化、住宅においてはZEH*1 が今後の住宅の標準仕様になっていくと想定され、今回セキスイハイムがこれまで蓄積してきた環境関連技術を集大成したスマートハイムシリーズのフラッグシップ商品『スマートパワーステーション“100% Edition”』を発売することになった。
*1 ZEH(ゼッチ):(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅。

    [図1]建物の外観

—————————————————-
『スマートパワーステーション“100% Edition”(SPS100と略す)』の概要

SPS100※1の仕様は次の5機能を備えたもので、快適な暮らしをしながらエネルギーの自給自足率100%※2を実現するもので、長期停電や電気代上昇という電力不安を限りなくゼロに近づけることになる。
【機能1】大容量の太陽光発電システム(PV)
【機能2】コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS*2)
(「スマートハイム・ナビ」と称す)
【機能3】トリプルガラス樹脂サッシの採用による断熱性能の強化
【機能4】大容量でコンパクトサイズの屋内設置型蓄電池(「e-Pocket」と称す)
【機能5】EVやプラグインハイブリッド車と住宅の間で電力を融通するV2H*3システムとの併用

*2:Home Energy Management System の略。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム。 家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりする。
*3:Vehicle to Home の略。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)、燃料電池車(FCV)などの自動車が蓄電池に蓄えた電力を家庭用電力として利用する動きのことを指す。

1.大容量でコンパクトかつV2H併設を実現した屋内設置型蓄電池を搭載
◆コンパクト(縦495×横760×幅525mm)で大容量(12.0kWh)の屋内型蓄電池を新たに採用。蓄電池を構成するセルが大判のフィルム型であるため軽量、かつ耐久性もアップ。20年の長期保証付き。
◆この蓄電池とV2Hシステムとの併用を可能とすることにより、PVで発電した電力を大容量で貯めることができ、災害などによる停電時にも普段通りの生活に必要な電力をほぼ確保可。

2.HEMS制御付き全室空調(「快適エアリー」と称す)と断熱性向上で、快適かつ17%省エネを実現
◆2011年の「スマートハイム」発売以来、HEMSの搭載を推進し、現在、業界最多※3の3万6830棟に搭載。ビックデータを運用・管理している。そのデータを活用して開発したHEMS制御により全室空調「快適エアリー」で省エネを実現させている。(2016年4月導入)
◆上記に加えて内外2枚のガラスをLow-Eガラスで構成した「トリプルガラス樹脂サッシ」を採用。高い断熱性能を実現し、冷暖房のエネルギー消費量を従来より約17%削減(弊社モデルプランにて算出)する※4。
——————————
 ※1 SPS100は建築地H25年省エネ基準5地域以南、単世帯(5人以下)、PV13.77kW搭載、
蓄電池容量12kWh+V2Hシステム(日産リーフ30kWh接続)、トリプルガラス樹脂サッシ採用、UA値0.51    以下、HEMS制御付き全室空調「快適エアリー」、高効率給湯器(AFP4.0  以上)、年間消費電力が弊社   HEMS実績データで中央値以下。
次の場合で発生する買電量(電力会社から購入する電気)は自給自足率100%算定上、考慮されていな   い。
①雨天や積雪時等、太陽光発電量を消費電力量が上回る状態が数日間継続した場合に
発生する買電
②蓄電池の運転状態確認のため、メンテナンスモード(年2回)動作が発生時の買電
③蓄電池の逆潮流防止のために発生する買電。また機器の初期性能値で算定している。
経年による太陽光発電の低下、蓄電池・電気自動車の容量の低下は考慮していない。
グリーンモード運転(太陽光の余剰電力を有効活用する自給自足の暮らし)を前提としている。住人のライフスタイルにより(急な電力使用の増加など)自給自足率100%にならない場合がある。なお、家電機器の品質保証上、系統連携が必要。
※2 自給自足率とは、1年間で、1時間であっても電力を購入しない割合 :
PV自家消費(放電含む)[kWh]/総消費電力[kWh]時間別合計×100[%]
※3 大手住宅メーカーのHEMS累積販売数から弊社調べ。2016年9月末日時点出荷数。
※4 弊社モデルプランにて試算。従来とはアルプラ樹脂アルゴンガス仕様でUA値0.6程度。

—————————————————-

■SPS100の開発経緯

1997年から業界に先駆けてPV搭載住宅の発売を始め、その累計数は2016年9月末日時点で17万7855棟となっている。
2011年からは「スマートハイム」シリーズを発売し、業界に先駆けてHEMSや家庭用蓄電池、V2Hなど先進機器を住宅に搭載。エネルギーの自給自足が住宅に求められる要件になると判断し、商品の省エネ、創エネ、蓄エネ性能の向上を進めてきた。入居済みのセキスイハイムを対象として行った2015年の調査では、家電込みゼロエネルギー邸が前年比約2倍の32%、ZEH相当邸が27%に達している。SPS100は、弊社がこれまでの「スマートハイム」シリーズで蓄積してきた技術を集大成した商品。
一方、国は2020年から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を改正することを決定しており、弊社としては、FITに関わらずPVによる発電電力を最大限に活用できるSPS100を発売することで、一層の顧客メリット創出と業界他社との差別化を強化する狙いもある。
この仕様により、日中はPVで発電した電力を中心に生活、余剰電力は蓄電池(あるいはEVなどの蓄電池)に充電し夜間に備える(それでも余剰分は売電)。夜間は蓄電池の電力を使い、電気を買わない暮らしが可能になる。また、災害などによる停電時にも限りなく普段通りの生活を可能にする(条件あり※1参照)。

    [図2]20年間の光熱費比較

【試算条件】
≪共通≫建築地:愛知 / 電力契約:中部電力「スマートライフプラン(夜とく)」
/ 太陽光買取価格24円+税/kWh(平成28年度10kW以上)
≪一般オール電化住宅≫ UA値0.87 / 全館空調24時間運転
≪SPS100≫ 設備仕様※1の条件参照、
H25年省エネ基準5地域以南、単世帯(5人以下)でスマートパワーステーションに居住のHEMS実績データ(2015年4月~2016年3月)384邸中央値及び気象庁の過去6年間の日照時間データの平均値に基づき、試算した結果になる。年間消費電力量は約6000kWhを想定。

■新商品『SPS100』の技術

1.大容量コンパクトかつV2H併設が実現した屋内型蓄電池を搭載

新たに採用した大容量コンパクトの屋内型蓄電池は、弊社が大判のフィルム型セルを独自開発し、京セラ株式会社が蓄電池システムを構成したもの。
サイズは縦495mm×横760mm×幅525mmで、12.0kWhの大容量を実現、従来の屋内型と比べ容量が増えたため、PVで発電した電力を夜間により多く利用することが可能な上、200Vの家電の使用にも対応している。スペースは従来の弊社屋内型蓄電池の約2分の1で、収納スペースに設置することができるなど省スペース化も図っている。
このほか、20年の長期保証※5も付けている。また、弊社独自のV2Hシステムとの併用も可能なため、PVと大容量蓄電池とV2Hの3つの電源がつながることで、より大容量の電力を確保でき、エネルギー自給率を向上できる。
※5 容量保証20年、機器保証15年(パワコン含む)。

2.HEMS制御付き全室空調と断熱性能向上で、快適かつ17%省エネ(弊社従来比)を実現

2011年の「スマートハイム」発売以来、HEMSの搭載を推進し、現在、業界最多※3の
3万6830棟に搭載。HEMSビックデータを運用・管理している。そのデータを活用して
開発したHEMS制御により、全室空調「快適エアリー」しながら省エネを実現させている
(2016年4月導入)。それに加えて、「トリプルガラス樹脂サッシ」は、内外2枚のガラスを
Low-Eガラスで構成し、その中にさらにガラスを入れた2層構造。全体で27mmの厚さがあるが、その中に9mmのアルゴンガス層を充填した2つの層があり、これにより国内最高クラスの断熱性能”U値(熱貫流率)1.57”を実現している。
住宅では一般的に開口部から熱が移動する割合が高くなるが、トリプルガラスサッシの採用で、冷暖房のエネルギー消費量が従来より約17%削減し、夏は冷房効果が高まり、冬はより暖かで省エネかつ快適な暮らしを可能にする。

    [図3]電力の流れ

■『SPS100』の自給自足率100%の検証

HEMSでは邸別データをクラウド上で管理しており、居住者の省エネかつ経済的な暮らしに役立てている。『SPS100』では弊社のHEMSデータを分析することで、より実態に近い数値で算出することができた。これにより、居住者が住まいの地域や家族構成別の消費電力分布を抽出。居住者ごとの365日24時間のエネルギー収支(PV発電量、売電量、買電量(主要設備ごと)、自家消費量、蓄電量、放電量、充電残量)から、“100% Edition”にした場合のエネルギー自給自足率を分析し、スマートパワーステーションに実際に住んでいる(5地域以南かつ単世帯)半数以上の顧客が、理論上エネルギー自給自足率100%の暮らしが快適性を維持しつつ実現できることを確認している。さらに停電時にも通常時とほぼ同等の生活が可能となる。

■販売目標・販売価格

販 売 目 標 : 年間100棟を計画
販 売 価 格 : 3.3㎡あたり80万円台から(消費税別途)
【延床面積161.72㎡ モデルプランにて試算】

*販売価格には、建物本体材料費、工事費並びに太陽光発電システム13.77kW
(パネル・パワーコンディショナ含む)、蓄電池12kWh、HEMS、オリジナル全室空調システム(快適エアリー)、V2H用パワコン、トリプルガラス樹脂サッシ、高性能給湯器の価格が含まれる。
旧家屋解体工事、屋外給排水工事、屋外電気工事、外構造園工事費等の費用及びEVなどは別途となる。地域・仕様により販売価格は異なる。

====================================================

【注:さらに、耐震・耐久・気密断熱・省エネ・遮音防音等の技術的説明を知るには、
セキスイハイムHP( http://www.sekisuiheim.com/ )のメニュー「住まいの性能」を参照】